2019年度最新/ヨガ資格取得を徹底解説!

ヨガ資格取得スクール徹底比較

リベンジ向きランキング
※自社調べ

スクールでこんなに違うの?卒業生の驚きの声

リベンジ向きランキング

1位1位Yogaworks

他団体でRYT200を取得してからでもYogaworksでRYT500取得を目指せるというのが凄い!Yogaworksとしての基礎を身に着けるためのブリッジプログラムは受講しないといけませんが、他団体から変えるとイチからRYT200を受けなおさないといけないのが普通なので、圧倒的に短時間で他団体からの編入ができるというのは素晴らしい。

また、質に関しても学び直しの場所としてオススメなのはダントツでYogaworksです!指導者として本当に活躍できるための指導があり、その質の高さは他団体とは一線を画しています。ポージング1つとっても、明確な理論と一緒に教えてくれるので、自分が指導者になった時の応用度が全然違うと多くの卒業生が声が上がっています。妊婦さんやケガをしている人など、いろんな人に教えていく後のことを考えると、Yogaworksの指導は一番実践的でタメになりました!RYT500取得を考えている人は、指導者としての道を考えている人が多いと思うので、自分が本質を学べる場所を選んでほしいと思います。

2位2位ビーヨガ

アンダーザライトではヨガインストラクター講座(TT)において、修了生向けのTT再受講(リテイク)を導入。これはリテイク制度を利用することで安い費用で復習することができ、自分に自信がない部分を補うことが可能になる便利なシステムです。こちらはアンダーザライトの講座を受講した方のみの講座で、1位のYogaworksと違い、ほかのスタジオで学んだ人を受け入れるプログラムではありません。ただ、他校でRYT200を取得した人でも、アンダーザライトのRYT500を受講可能です。その場合、RYT500の必修科目である「AKICレベル2」「ATICレベル2」を受講する前に、「AKIC」「ATIC」をそれぞれ修了するようにしましょう。

3位3位アンダーザライト

アラン・フィンガーの提唱する、イシュタスタイルのヨガを学べるビーヨガ。ほかのヨガスタジオでヨガアライアンス200時間を修了した後に、このスタジオで500時間に申し込みする場合は、このブリッジプログラムの受講が必須です。ブリッジプログラムの募集は春と秋の年2回行っているようですが、今現在はサイトを見てみるとブリッジプログラムの募集を受け付けていないようです。不定期には開催されているようですので、参加したい方はサイトをこまめにチェックしてみてください。

ヨガワークスなら初心者でも大丈夫

最新オススメスクールランキング一覧

総合人気・おすすめランキング 形態、費用、取得期間、卒業生の声などの総合比較結果

リベンジ向きランキング スクールでこんなに違うの?
卒業生の驚きの声

手に職つけたいランキング 現場で活かせる技術を身につける。
就職支援制度にも注目

趣味の一環ランキング 形として資格がほしいだけという方にはお手軽な短期海外取得

プロフェッショナル志向ランキング ヨガインストラクターとしてプロを目指したい

グローバル志向ランキング 海外でも通用するインストラクターに。
海外講師から学べるのは?

初心者でも安心ランキング 安心・安全の信頼度

口コミ人気上昇中!注目スタジオ

yogaworksYogaworks アンダーザライトアンダーザライト ファーストシップファーストシップ ビーヨガビーヨガ スタジオ・ヨギースタジオ・ヨギー

運営者あいさつ

こんにちは。42歳の現役ヨガインストラクターSAYAKAです。
好奇心が強い私なので、3つもヨガスクールを経験したのですが、そんな経験がヨガスクール選びの参考になればと思い私なりのランキングサイトを作ってみました。日本国内でヨガの良さを伝えられる人が増えてくれたらと思っていますが、このサイトが少しでも貢献できれば嬉しいです!

~経歴~

大学卒業後、一般企業でOLをしながらヨガスタジオに通っていたのをきかっけに
独学でヨガについて学ぶ。そこからヨガの良さを人に伝えられるようになりたいと思い、アンダーザライトへ通い本格的に学び始める。修了後、まだ人に教えられるほどの自信はないなあと思い、本格的な指導練習もできると聞いてRYT500の取得はYogaworksで行う。修了後は仕事がなかなか辞められず、ブランクが空いてしまったので単位制で簡単に通えるファーストシップで少しだけ勉強し直してからインストラクターとしてデビュー。今では自分のヨガスタジオを運営しながら年間100人以上を指導している。