2019年度最新/ヨガ資格取得を徹底解説!

ヨガ資格取得スクール徹底比較

資格団体はどこがいい?

ヨガインストラクターの資格を取得したいと考えている方にまずお伝えしたいのは、日本ではヨガインストラクターが持っていなければならない公的資格はないということ。つまり、資格が無くてもヨガインストラクターになれてしまうんです。

とはいえ、インストラクターになりたいなら資格取得は必須!

資格が採用条件となっている場合がほとんどですが、一部のヨガスタジオや某大手ホットヨガスタジオでは資格がなくても一定時間の研修でヨガインストラクターになれてしまいます。しかし、そういった人たちは怪我をしたり、そのヨガスタジオ以外で就職できなかったりということが多いようです。

インストラクターとして活躍するという観点でも、自身のヨガを深めるという点でも、資格は取得しておいた方がいいでしょう。インストラクターとして就職を考えている方にとって、資格取得は必須です。

そのスクールに通う=そのスクールの資格が取れる、ではない

ヨガインストラクターの資格はいろいろありますが、少々ややこしいのは、その資格を主宰している団体とプログラムを教えてくれるスクールが異なるところ。

そのため、ヨガ資格取得スクールでヨガインストラクターの資格が取得できるプログラムを受講し、そのあとに資格団体が主宰するヨガインストラクターの資格を受験しなければなりません。

ヨガ資格として一般的なのは、全米ヨガアライアンス

最も知名度が高いヨガインストラクターの資格として、全米ヨガアライアンスがあります。このアライアンスの認定書は世界70ヵ国以上で認知されているので、これを取得すれば世界でも通用する資格と言えるでしょう。「ヨガ資格といえば全米ヨガアライアンス」というくらいに一般的なものと考えてください。

全米ヨガアライアンスの資格取得に沿ったプログラムを受講できる学校を、全米ヨガアライアンス認定校と定めています。ほとんどのスクールは全米ヨガアライアンス認定校となっていると思いますが、むしろ全米ヨガアライアンス認定でないスクールはちょっと危険かも。

そのほかヨガインストラクターの資格として、ヨガの本場インド政府が立ち上げた「インド政府認定プロフェッショナルヨガ検定」や全米ヨガアライアンスと同じくアメリカを拠点に世界に広がる「クリパルヨガ(クリパルジャパン)」、日本国内にある団体が立ち上げた資格としては「一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)」や「NPO法人日本YOGA連盟」、「社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)」などがあります。

ヨガワークスなら初心者でも大丈夫

最新オススメスクールランキング一覧

総合人気・おすすめランキング 形態、費用、取得期間、卒業生の声などの総合比較結果

リベンジ向きランキング スクールでこんなに違うの?
卒業生の驚きの声

手に職つけたいランキング 現場で活かせる技術を身につける。
就職支援制度にも注目

趣味の一環ランキング 形として資格がほしいだけという方にはお手軽な短期海外取得

プロフェッショナル志向ランキング ヨガインストラクターとしてプロを目指したい

グローバル志向ランキング 海外でも通用するインストラクターに。
海外講師から学べるのは?

初心者でも安心ランキング 安心・安全の信頼度

口コミ人気上昇中!注目スタジオ

yogaworksYogaworks アンダーザライトアンダーザライト ファーストシップファーストシップ ビーヨガビーヨガ スタジオ・ヨギースタジオ・ヨギー

運営者あいさつ

こんにちは。42歳の現役ヨガインストラクターSAYAKAです。
好奇心が強い私なので、3つもヨガスクールを経験したのですが、そんな経験がヨガスクール選びの参考になればと思い私なりのランキングサイトを作ってみました。日本国内でヨガの良さを伝えられる人が増えてくれたらと思っていますが、このサイトが少しでも貢献できれば嬉しいです!

~経歴~

大学卒業後、一般企業でOLをしながらヨガスタジオに通っていたのをきかっけに
独学でヨガについて学ぶ。そこからヨガの良さを人に伝えられるようになりたいと思い、アンダーザライトへ通い本格的に学び始める。修了後、まだ人に教えられるほどの自信はないなあと思い、本格的な指導練習もできると聞いてRYT500の取得はYogaworksで行う。修了後は仕事がなかなか辞められず、ブランクが空いてしまったので単位制で簡単に通えるファーストシップで少しだけ勉強し直してからインストラクターとしてデビュー。今では自分のヨガスタジオを運営しながら年間100人以上を指導している。